よくあるご質問

籾殻についてのご質問

生分解性材料とは何ですか?
微生物等によって分解され、土壌肥料として自然生態サイクルに帰る物質のことです。
生分解とは何ですか?
酸素の有無によらず微生物の働きによって有機物が無機物のような別の構成物質(バイオマス)に分解される化学的工程のことです。
生分解とは何ですか?[専門的な説明]
酸素がある状況から微生物による二酸化炭素、水、他の元素のミネラル塩(鉱化作用)と新しいバイオマスに分解されること、または酸素のない状況から微生物による二酸化炭素、メタン、ミネラル塩と新しいバイオマスに分解されることである。

製品についてのご質問

長期間使用した製品はどうなりますか?使用できなくなりますか?
長期間使用すると表面の光沢が薄れたり色が薄くなったりしますが、機能そのものへの影響はありません。
表面がざらついて不快に感じるようでしたら製品の寿命と考えられますので、新品へのお取り替えをお勧めします。
もみがら製品は毎日使用すると生分解されますか?
いいえ。生分解には日光や微生物、水などの条件が必要ですので、日常使用では生分解されません。
もみがら製品の寿命はどれくらいですか?
使用頻度により異なりますが、家庭での使用は約2年、レストランやホテルなどの業務使用は12〜18ヵ月が目安です。
もみがら製品は壊れにくいですか?
もみ殻製品は高密度で作られています。
ドイツの認証機関テュフ・ラインランドによるとその密度は89/100となっています。
もみ殻製品にはプラスチックが含まれていませんので、外部から強い力を受けた場合は破損するおそれがあります。
耐久力はプラスチックとセラミックの間となりますので、製品自体はそれほど壊れやすいものではありません。
なぜ籾殻で作られているのにこんなに光沢があるのですか?
もみ殻製品表面の光沢はもみ殻由来の天然物質であるシリカ(SiO2)によるものです。シリカには内部の実をバクテリアから守る働きがあります。
もみ殻製品はこのシリカの力を引き出し、繊維と繊維の隙間を埋め、バクテリアや熱に耐えられるようになります。
もみ殻製品の滑らかで光沢のある表面は、高温高圧の金型成形によるものです。
この光沢は植物由来のものであり毎日の使用で少しずつ薄れていきますが、使用上口に入ったとしても有害なものではありません。
もみがら製品を選ぶ理由とは?
現在、消費者の多くは自分や家族の健康のために食事や原材料に気を遣っていますが、その食品に触れる容器については全く無頓着でした。
現状では完全に安全な容器を入手することは非常に困難です。食品安全法に基づき管理されてはいますが、一部の容器には色々な化学物質が含まれていることもあります。
これらの化学物質が体内に入り込むと、病気を引き起こすかもしれません。
 
もみ殻製品は植物繊維から作られており、有害物質を含んでいません。
加えて、殻を原料として使用する前に、ドイツの認証機関テュフ・ラインランドなどの外部分析機関によって残留農薬と重金属のテストが行​​われています。
有機繊維は結合材を使用しないと結着しませんが、もみがら製品はどんな種類の化学物質を使用していますか?
なぜプラスチックのように見えるのですか?
もみ殻製品はもみ殻と天然植物デンプンと木質素(リグニン)から作られています。
高温で成形する前に材料を混合しますが、全製造工程において可塑剤は使用していません。
もみ殻製品は発売前に複数の外部分析機関によって有害物質が含まれていないことが確認されています。
デンプン(スターチ)は何ですか?
米やイモなど、大半の植物には高粘度のデンプンが大量に含まれています。
乾燥すると非常に硬い構造になりますが、水を加えると簡単に崩れますが我々の独自な技術により、デンプンの構造を強化しており、ずっと水に漬けっぱなしの場合、72時間後に分解反応しか始まらない構造になります。
一般の使用上に食器洗い機、手洗い後に乾かして、乾燥すれば、分解反応が起こりませんので、ご安心ください。

使い方についてのご質問

食洗機で洗えますか?
はい、問題ありません。
電子レンジで使用できますか?
電子レンジでのご使用は1回3分間程度を目安にご利用下さい。(700Wの場合)
オーブンで使用できますか?
難燃素材や耐熱素材などは入っておりませんので、オーブンでのご使用は避けて下さい。
廃棄方法はどのようにすればよいですか?
天然素材で作られておりますので、劣化が見られる場合は燃えるゴミとして廃棄して下さい。
特別な手入れが必要ですか?製品を長持ちさせる方法は?
1.もみ殻製品は天然植物繊維からできており、可塑剤やメラミンは含まれていません。
液体に72時間以上浸していると、製品の表面が反応して色あせる場合があります。
2.調理用具ではなく食器として使用してください。直火用ではありません。 3.もみ殻製品は天然植物繊維からできており、使用可能な温度は-30℃〜120℃の範囲です。
それ以外では破損する恐れがあります(溶けることはありません)。

トップに戻る